インテリア

アイデアいっぱい!テレワークスタイル:アクタス 柳沢真澄さん アイデアいっぱい!テレワークスタイル:アクタス 柳沢真澄さん

Tags :

インテリアのプロも快適なテレワーク空間を求め試行錯誤。生活空間と作業スペースを区切ったり、自宅内で移動するノマドスタイルなど、さまざまな方法があります。今回はアクタス柳沢真澄さんのワークスタイルを拝見しました。

Profile

人材開発室 室長。自粛期間中は、新入社員教育をオンラインで行う。チェアとソファの掛け心地には特にこだわっている。https:// www.actus-interior.com

ミニテーブルを持って、家の中を移動

インテリアに詳しいショップスタッフは、突然のテレワークにも、家具の知識を活かしてフレキシブルに対応。アクタスの柳沢さんは「社員の間でも話題になった」という、どんなスペースでも使いやすいK22サイドテーブルで、自宅内を移動しながら作業。グリニッチの岡田さんも、ソファと相性のいい高さ65cmのリモートワークテーブルを活用。インテリアになじむコンパクトなデスクと、シーンに合わせたスペース選びが、快適さのカギになるようです。

9:00  日当たりのいい窓辺に置いて、オンライン朝礼

「朝のミーティングのときは、日当たりのいい窓辺にデスクを置いて、やる気スイッチをオン。スワンチェアは、左右に体重をかけられるので、ミーティングが長時間になっても安心」。サイドテーブルは無段階で高さを変えられます。

14:00  集中力が必要な資料作りは椅子もチェンジ

「集中して作業するときは、背筋を伸ばして座りたくなるスツールが便利です」。座面がお尻の形にフィットするように作られたシューメーカー スツールは、自然に姿勢がよくなって、肩こり腰痛の解消にも。省スペースな組み合わせも◎。

22:00 就寝前にはベッドサイドのサイドテーブルに

脚がL字型で邪魔にならない構造だから、ベッドの高さに天板を合わせると、読書やくつろぎタイムのベッドサイドテーブルに変身させられるのもいいところ。 「テレワークが終了しても、日常使いできる優秀な家具です」。

photograph:Keiko Ichihara text:Ema Tanaka web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
最新号

毎日が特別になる初夏の着まわしワンピース

特別定価:1080円(税込み) / 表紙:有村架純 /
2021年5月20日

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています