日々の食卓

色のある皿やクロスでお店のように! tottoさんの器の活用術 色のある皿やクロスでお店のように! tottoさんの器の活用術

Tags :

同じ料理を盛っても、器や下に敷くクロスなどコーディネートによって、まったく違う見栄えに。料理家・フードスタイリストのtottoさんに“映える”器使いのコツを教えてもらいました。

tottoさん

料理家・フードスタイリスト

Profile

作りやすいレシピが好評。食育の分野でも活躍中。近刊の『ホットプレートひとつでごちそうができちゃった100』 (主婦の友社)も話題に。 instagram@tottokikawada

インパクトが強い赤の料理は、白の器で受け止めて

トマトソースのパスタなど、色鮮やかで、目を引く、赤の料理。色を生かすために、ここでは、シンプルな白色の器をセレクト。縁の柄が、上品なアクセントに。さらなる上級者 のテクが、器の柄と同じトーンのランチョンマットを敷くこと。器の白がワンクッションになり、赤い料理がより映える構図に。また、ワンプレートでもさみしく見えません。ホットドリンクは、ガラス製の耐熱カップに注ぎ、軽やかに。

オーバル皿のワンプレートで一気にカフェ気分

週末のブランチにぴったりのパンケーキを、サラダとワンプレートで。そんなときは、丸形ではなく、あえてオーバル皿に盛り合わせると、カフェっぽい雰囲気が楽しめます。「その場合、サラダなどを添えるなら、ガラスのタンブラーに入れるのがおすすめ。ひと皿の中に高低差がついて、見た目のバランスもよくなりますし、皿に直に盛るよりも、食べやすくなります」

濃い色の器を野菜のきれいな色の引き立て役に

濃い色の器は、何を盛ればいいのか、使い方を迷う人もいるのでは?「野菜の色とコントラストをつければ、どんな料理を盛っても明るい印象に。濃い青と黒は、特に使いやすい色味でおすすめです。テイストや質感が合っていれば、違う濃色の器を同じ食卓に並べても、変化がついて、素敵にまとまりますよ」。味噌汁は、陶器の湯呑みに入れて。「スープや副菜を入れてもいいですね」

foodstyling:totto photograph:Keiko Ichihara text:Kaori Akiyama web edit:Liniere.jp
※写真・文章の無断転載はご遠慮ください

Magazine
最新号

毎日が特別になる初夏の着まわしワンピース

特別定価:1080円(税込み) / 表紙:有村架純 /
2021年5月20日

Follow Us

リンネル公式SNSで
最新情報を随時配信しています